いわずと知れた、ギター名曲中の名曲「アルハンブラの想い出」。昔も今もこの曲を弾きたくてギターを始める人が多いのは、トレモロというギター特有のテクニックで美しい旋律を奏でることに、魅力を感じるからなのでしょう。
こんなに有名な曲なのですが、プロ演奏家のリサイタルでこの曲が演奏される機会はさほど多くないようです。昨今、ギタリストのレパートリーは大曲志向となって小品をプログラムに載せづらいというのが大きな理由のひとつではありますが、それ以外に(公言はしていませんが)「私はトレモロ苦手なんだよね」とか「できればトレモロのない曲でプログラム組みたいなあ」と考えているプロギタリストも少なくないのではないでしょうか。もちろん”苦手”といってもプロの感じる”苦手”ですから、一般聴衆の人々が聴いてもそれがわかるようなレベルではないでしょうが・・・。
そんな中、アルトフィールド土曜講師を務める河野智美プロはトレモロを極めていて、アルハンブラを演奏会で弾く機会も多いようです。
その美しいトレモロの秘訣を習いに来ませんか?体験レッスンは当サイトのお問い合わせフォームからどうぞ

河野智美 アルハンブラの思い出

 


コメントをどうぞ

*