みなさん、こんにちは♪ 先日、ハクジュホールのコンサートでこのCDを買ってサインをいただいてきました~。今月発売のCD、熊谷俊之さんの”ソナタ ボッケリーニ讃歌”です。新しく教室に入られて、ご存じない方がいらっしゃるかもしれませんね。国内外のコンクールに入賞され、現在、ウィーンの国立音楽大学で学んでいらっしゃる昭和音大出身のトップギタリストの方です。CD、どの曲もとっても素敵なので、皆さん是非買って聞いてみてくださいね。テデスコのソナタ、ポンセのソナタ3番、リベラの舞踏のミューズ、3曲の大曲の他、バリオスの情熱のマズルカ、全ての祈りという曲も入っています。どうしたらこんな風に弾けるようになるんでしょうね♪ 憧れます。

昨日は、 そんな熊谷さんにレッスンをしていただきました。若い学生さん達のなかで緊張しましたが、技術のこと、音楽のこと、たくさん教えていただきました。あの美しく温かい音色の秘訣は、爪のお手入れが大事なんだそうです。もちろんそれだけでなく右手や、左手の押さえ方も大切なのだそう。皆さん、爪をよ~く磨きましょう!あ~今日から私の音変わるかも~、と嬉しくなってしまいました。 機会があったら、智美先生のレッスン会のように皆で習える会があるといいですね。高田先生、熊谷先生ありがとうございました♪   追伸:ウィーンって、私の好きなチョコレート、”デメル”の本店(ティールーム)があるのですが、「よく行かれるのですか?」とお聞きしたところ、めったに華やかなお店には行かれないとのことでした。ほんとに真摯な気持ちで学ばれているんだな~と思いました。

明日は、女性門下会、智美先生と高田先生のレッスン会ですね。頑張りましょう♪


コメントをどうぞ

*