本日開催された第37回学生ギターコンクールの大学生の部にてアルトフィールド門下で昭和音楽大学4年生の門馬由哉が見事第1位を獲得いたしました。
 門馬は神奈川新人ギタリスト選考会や重奏コンクールでは1位を獲っているとはいえ、3年前のGLCや去年のスペインコンクール、今年のクラシカルと同門の小暮浩史や秋田勇魚に1位を譲り、2位どまりだったのです。普段一緒に勉強している仲間と競うのを遠慮してしまったのかもしれません。
 そんな門馬が最近貪欲になって変わってきました。音大でもギターの枠を飛び越えて、管弦打楽器の猛者たちと競い合っているのです。一皮向けた門馬由哉は強いですよ!これからも注目してやってくださいね。


コメントをどうぞ

*