夏に行われる学生ギターの祭典、「GLC学生ギターコンクール」。アルトフィールド音楽教室からは毎年数人が参加していましたが、今年は特に多くの人数が参加しましたので報告させていただきます。

 今年はアルトフィールド音楽教室から小学生低学年の部1名、中学生の部1名、高校生の部1名、大学生の部5人の総勢8人が一次予選を通過して、2016年7月16日豊洲シビックセンター・ホールのステージを踏むことができました。それぞれ高田クラス、岡野クラス、森井クラス、熊谷クラスと曜日は違えど、同じ場所でギターを学ぶ生徒さんたちで、会場ではみんなで集まって仲良く話したりリラックスしたムードで本番に臨めたようです。
豊洲シビックセンター・ホールのロビーで撮ったスナップ写真をいくつか紹介いたします。

大学生の部出場者5人と去年高校生の部で入賞した大島祥くん、そして付き添いを買って出てくれた森井英朗先生。

中学生と高校生2人のスリーショット。

初めてコンクールに参加した小学生の生徒さんはコンクール受賞経験ある高校生2人に方を組んでもらってスリーショット。よい記念になりましたね。

二次予選が終わって高校生の部と大学生の部で本選出場者が出たとの報せを受けて、僕も会場に向かいました。GLC学生ギターコンクールに伺うのは審査員をした第34回(2009年)以来、8年ぶりです。


本選会終了後にアルトフィールドからの参加者との記念撮影をしました。


こちらは大学生の部に本選出場した3人、左から岡野、荒武、一人挟んで渡邊です。

結果はGLCのサイトに出ていますが、
大学生の部の第1位は渡邊華さんでした。おめでとうございます。
難曲、バスクの歌(マンホン)を弾き、堂々の一位でした。荒武君は4位、岡野さんは5位です。3人とも頑張りました!
高校生の部に本選出場した赤井俊亮君は第2位でした。去年と同じ2位だったのですが、音楽が去年とは格段に成熟しているのでとても価値のある2位だと思います。曲目もボグダノビッチの「バルカン・ミニアトゥール」という難曲で評価に値します。

惜しくも本選に進めなかった生徒さんたちも、このコンクール準備で大きくレベルアップしたのではないでしょうか。また来年が楽しみです。

最後にオマケの写真で・・・

第10回(1985年)と第11回(1986年)の大学生の部1位コンビです。昔デュオを組んでいました。懐かしい~


コメントをどうぞ

*