先日、10月27日にアルトフィールド10周年記念ガラコンサートが無事終了いたしました。たくさんのお客様に集まっていただき本当に有難うございました。
 10人の講師陣からそれぞれ近況報告をトークしていただいてから演奏を披露して頂きました。

 その中で小暮浩史先生はヨーロッパ留学から10月に完全帰国して、またアルトフィールドでの講師を11月より再開することを宣言してくれました。とはいえ演奏活動でいそがしい小暮先生ですので、レッスン曜日・時間帯が不定期になってしまいます。そのあたりのことをご理解いただきまして、レッスン希望のお申し込みを頂ければ幸いです。 

 小暮先生がトークされた後の熱演をアップしました。

 またアルゼンチン・タンゴとフォルクローレを専門とするデュオ・クリオージョを結成した福井浩気先生と清水悠先生は新しくタンゴとフォルクローレのグループレッスンをアルトフィールド音楽教室で立ち上げることを宣言してくれました。こちらも合奏、アンサンブルの好きなギター愛好家が集まってくれますことを願っております。グループレッスンですので、独奏でのレッスン料体系とは異なっておりますので、ご希望の方はメール連絡いただければと思います。このグループレッスンは土曜日に開講することを予定しております。日本初のギターによるタンゴ&フォルクローレ・オーケストラを目指します!!

 福井先生&清水先生のガラコンサートでの演奏もアップいたしました。

 アルトフィールドの講師年齢を一気に若くしてくれた渡邊華先生もガラコンサートで演奏を披露してくれましたよ!彼女は水曜日担当です。
 ガラコンサートでは難曲のアグアド<序奏とロンド>で一番バッターを務めてくれて、頼もしい限りです。

 まだ色々書きたいことはあるのですが、とりあえず今回はここまで。

 最後に演奏した合同合奏の動画も・・・・


コメントをどうぞ

*