8月5日は永田町・星稜会館でギター学生たちの熱戦が繰り広げられていたわけですが、そのほかにも同日2つのクラシックギターオーディションが開催されていたようです。
 そのうちのひとつフォルマール・ギター・オーディションでは、やはりアルトフィールド門下で昭和音楽大学卒の渡邊洋邦が優勝したというニュースを後日知らされました(笑)。門馬由哉の2年先輩です。同門で同じ大学の2人が同日別々のコンクールで優勝するというのは奇遇といいますか・・・。昭和音大の後輩たちも刺激を受けたのではないでしょうか。
 今月18日には昭和音大の第1期卒業生、熊谷俊之が来週hakujuギターフェスタに”旬のギタリスト”としてリサイタルを開きますし、昭和音大ギター科が大活躍していますね。
 昭和音大にギター科が設立されて10年になって、コンクール入賞者も多数でて、出身プロギタリストも増えてまいりました。音大ギター科に興味のある中・高校生の皆さんは受験対策講習会などがありますので、キャンパス見学にいらっしゃったらいかがでしょうか?

 GLCと同日にあった、もうひとつのGFPクラシックギターオーディションでも、アルトフィールド音楽教室の生徒さん、秋庭辰則君も本選に出場されたとのこと。みんなで集まって、お祝い会開かなきゃですね!


コメントをどうぞ

*