G.Takada on 7月 31st, 2017

 夏に行われる学生ギターの祭典、「GLC学生ギターコンクール」。アルトフィールド音楽教室からは毎年数人が参加していましたが、今年は特に多くの人数が参加しましたので報告させていただきます。

 今年はアルトフィールド音楽教室から小学生低学年の部1名、中学生の部1名、高校生の部1名、大学生の部5人の総勢8人が一次予選を通過して、2016年7月16日豊洲シビックセンター・ホールのステージを踏むことができました。それぞれ高田クラス、岡野クラス、森井クラス、熊谷クラスと曜日は違えど、同じ場所でギターを学ぶ生徒さんたちで、会場ではみんなで集まって仲良く話したりリラックスしたムードで本番に臨めたようです。
豊洲シビックセンター・ホールのロビーで撮ったスナップ写真をいくつか紹介いたします。

大学生の部出場者5人と去年高校生の部で入賞した大島祥くん、そして付き添いを買って出てくれた森井英朗先生。

中学生と高校生2人のスリーショット。

初めてコンクールに参加した小学生の生徒さんはコンクール受賞経験ある高校生2人に方を組んでもらってスリーショット。よい記念になりましたね。

二次予選が終わって高校生の部と大学生の部で本選出場者が出たとの報せを受けて、僕も会場に向かいました。GLC学生ギターコンクールに伺うのは審査員をした第34回(2009年)以来、8年ぶりです。


本選会終了後にアルトフィールドからの参加者との記念撮影をしました。


こちらは大学生の部に本選出場した3人、左から岡野、荒武、一人挟んで渡邊です。

結果はGLCのサイトに出ていますが、
大学生の部の第1位は渡邊華さんでした。おめでとうございます。
難曲、バスクの歌(マンホン)を弾き、堂々の一位でした。荒武君は4位、岡野さんは5位です。3人とも頑張りました!
高校生の部に本選出場した赤井俊亮君は第2位でした。去年と同じ2位だったのですが、音楽が去年とは格段に成熟しているのでとても価値のある2位だと思います。曲目もボグダノビッチの「バルカン・ミニアトゥール」という難曲で評価に値します。

惜しくも本選に進めなかった生徒さんたちも、このコンクール準備で大きくレベルアップしたのではないでしょうか。また来年が楽しみです。

最後にオマケの写真で・・・

第10回(1985年)と第11回(1986年)の大学生の部1位コンビです。昔デュオを組んでいました。懐かしい~


G.Takada on 7月 23rd, 2017

 今年もアルトフィールド音楽教室の発表会は荻窪の杉並公会堂小ホールにて10月14日(土)に開催されます。そして発表会に続いて開催される、恒例の有料コンサート出演者は・・・・

「シネマティック・ギター・デュオ」です!!

詳細は後日発表いたしますが、スケジュールを空けておいてくださいね~♪



 次回の「高田元太郎マスタークラス」の日程が決定いたしました。
 8月6日(日)に前回同様アルトフィールド音楽教室にて開催いたします。
 開催時間は 午前10時から午後8時までを予定しております。一人のレッスン枠は1時間で、受講料は1万円(税込み)です。
 受講生は自分のレッスン以外の時間を聴講することができます。前回同様、質疑応答の時間を設けていますので、例えば生徒さんからの要望があればカルレバーロ奏法についても解説したいと思っています。マスタークラスという名称ですが、「ここが弾けない」とか「普段どう練習すればいいの?」とかの悩み相談にもお答えしますよ。
 受講を希望される方はinfo♪altofield.co.jpにメールしてください(♪を@に変更してください)。よろしくお願いいたします。
 


Satoko.O on 5月 23rd, 2017

 

皆さん、こんにちは。一昨日の日曜日、皆で茨城の石岡市にある東京労音ギター文化館にギター練習会に行ってきました。ギター遠足楽しかったですね~。始めは少人数で電車で行く計画だったのですが、参加希望者が多くなり、観光バスで出かけることになりました。今回は、女子門下だけでなく、高田先生ご夫妻、森井先生、男子門下の方もお誘いして、とても楽しい会になりました。朝8時45分に集合し、日の丸自動車さんの観光バスに乗って茨城に出発。10時半にフラワーパークに到着しました。

 

 

バラに囲まれて皆で記念撮影しました。そしてランチの時間までバラの鑑賞会。いいお天気で、こんな真夏日になると思っていませんでした。次回は日傘を持っていかなくてはですね。そして、ランチは、フラワーパーク内にあるレストラン「Yasato de toreta」へhttp://yasato.com/。石岡市の八郷地区は、米、野菜、果物、畜産がとても盛んだそうで、レストランの文字通り、八郷で採れた食材のランチでした。皆さんがご存じの野菜やハーブの他、ローストピーナッツ、クルトン野菜スパイス、スカモッツァチーズ、アイスプラント等が入った前菜サラダを最初にいただきました。そして次は、白ワインとブランデー、ローズマリーで柔らかく煮込み表面を香ばしく焼いたポークステーキ、美味しかったですね。イチゴの乗ったプリンとコーヒーもついていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、美味しいランチのあとは、バスで演奏順の抽選をしながら、ギター文化館へhttp://guitar-bunkakan.com/wp/。池田館長にご挨拶をいただき、練習会が始まりました。19名がギターソロを弾き、ホールの響きを楽しませていただきました。スプルースでできたドーム型の天井からギターの音が降って来たと言っていたメンバーもいました。いつもと違う凛とした空気の中で素敵な音響体験ができました。休憩時間には、池田館長に説明をしていただきながら、銘器展示室を見学、練習会の最後は、森井先生に弾いていただき、アンコールもお願いし♫、盛り上げていただきました~。そして高田先生にお話しいただき練習会が終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池田館長が説明してくださっている「アントニオ・デ・トーレス」は、以前、某テレビ局の芸能人各付け番組にて、高田先生が演奏されたそうです。

 

皆で頑張ったあとの打ち上げもギター文化館さんにお世話になりました。八郷の方々が作ってくださったオードブル、そして、お隣の喫茶「クルミコーヒー」で自家焙煎珈琲&デザートもとても美味しかったです。

 

 

 

タケノコと青菜のスパゲティ、穀米のおいなりさん、春キャベツのサラダなど初夏の食材のオードブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるみコーヒーさんにて

皆で、「プロヴァンスのカフェ~」と言いながら撮影会

 

 

 

 

 

 

 

 

ギター文化館池田館長さん、お付き合いくださった文化館コンサートスタッフのYさん、くるみコーヒーさん、日の丸自動車さん、ありがとうございました。

皆さま、お疲れ様でした。今回参加できなかった方、次回は是非ご一緒に。

 

(余談)遠足前に、皆さんからおやつは300円までですか。バナナはおやつ?という言葉に??してました。歳とっても子供の頃のこと忘れてはいけませんね(笑) by Okano

 


Satoko.O on 5月 9th, 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!昨日は少し空き時間があったので、久しぶりに青いナポリの1FのカフェPARADISに行って来ました。ギターと同じくらいダイエットは難しいです(笑)。さて、今年の発表会ですが、10月14日(土)杉並公会堂で行います。入会されたばかりの方も、ギターを始めたばかりの方も是非ご参加くださいね。講師とのアンサンブルもOKです!一緒に弾きましょう♪ 毎年恒例の夜のコンサートと打ち上げも楽しみ。今年は森井先生と山崎さんのコンサート、どんな曲を弾いてくださるのかな~。詳細は後日お知らせさせていただきますネ。

今月の女子門下会は、男子もお誘いして、音響が素晴らしいと定評の茨城のギター文化館へ観光バスで行って来ます。ギター遠足のレポートお楽しみに♫

 

 


G.Takada on 4月 16th, 2017


 6月4日(日)にアルトフィールド音楽教室にて「高田元太郎マスタークラス」を行います。
 開催時間は 午前10時から午後8時までを予定しております。一人のレッスン枠は1時間で、受講料は1万円(税込み)です。
 受講生は自分のレッスン以外の時間を聴講することができます。特に今回は途中で質疑応答の時間を設けていますので、例えば生徒さんからの要望があればカルレバーロ奏法についても解説したいと思っています。マスタークラスという名称ですが、「ここが弾けない」とか「普段どう練習すればいいの?」とかの悩み相談にもお答えしますよ。
 受講を希望される方はinfo♪altofield.co.jpにメールしてください(♪を@に変更してください)。よろしくお願いいたします。
 


Satoko.O on 3月 31st, 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。春がやってきましたね。お花見は、もう1週間くらい先でしょうか。さて、アルトフィールド音楽教室では、春の生徒さんを募集中です。新しい学校やお仕事が決まり、何か習い事をしてみようという方がいらっしゃるのではないでしょうか。アルトフィールド音楽教室は、コンクールや音楽留学を考えている方はもちろんのこと、幼稚園のお子さんからシニアの方まで、幅広くギターを学ぶことができます。ギターを初めて弾く方、音符が読めない方も丁寧にご指導させていただきます。ギターを弾いてみたい!という方がいらっしゃいましたら、是非お気軽に無料体験レッスンにいらしてください。一緒にギターを弾きましょう♫

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル風景

 

 

没後10年水原洋メモリアルコンサート&高田元太郎マスタークラスin盛岡が終了しました。聴きに来てくださった皆様、水原良子さん、コンサートの司会をしてくださった作家の斎藤純さん、出演者のみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。水原洋さんは、1959年生まれの盛岡のギター製作家で、46歳の若さで亡くなるまでに219本のギターを作ったそうです。高田先生が使用された楽器は、現代ギター誌12月号にも記載されていますが、2000年、No.142(ラベルは盛岡の版画家吉田好晴さん作)と書かれていて、現在は、足立江美子さんが、引き継いで演奏しています。コンサート当日は、その高田先生の音色を覚えていらっしゃる盛岡の方々や、岩手日報の記事を読み、初めてコンサートに来た方もたくさんいらっしゃいました。ロビーでは、吉田好晴さんの版画作品展も行われていました。コンサート前半は、ピアニスト水原良子さん(水原洋さんの奥様)とHer friendsの演奏、後半は2本の水原ラコートによるソロとデュオ。最後に二重奏を演奏した時、ブラボーのお声かけもいただき、温かい拍手に支えられての里帰りコンサートになりました。ありがとうございました。ギターの音色は、日々変わっていきます。また皆様に聞いていただけるよう、さらに研鑽を積んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日は、午前から高田先生のマスタークラスでした。岩手、秋田、仙台から受講される方が集まりました。皆さん、非常にハイレベルな演奏で、シニアギターコンクール、みんな集まれコンペ、クラシカルなどコンクール対策のレッスンも多く、真剣な演奏と内容の濃いレッスンが続きました。マスタークラスのレッスンの合間にも、聴講の方々からの質問を受けたり、音楽的なこと、技術力を伸ばすための講義が行われました。お昼は、皆で駅中まで出かけ、盛岡冷麺を食べながら交流会。冷麺美味しかったですね!午後も新幹線の時間ギリギリまでレッスンが続きました。今回の講義は、まだまだ続きがあります。コンクール覇者を次々と生み出している高田先生のマスタークラス。また是非ご一緒しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間の2日間、新幹線から降り立った時の清々しい空気と雪の岩手山が印象的でした。水原さんは、ご自身の製作技術を盛岡で数人の方に伝えていらしたようです。今回は叶いませんでしたが、また機会がありましたら、新しい出会いもあるかもしれませんね。楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水原良子さんと高田先生(水原さんのお写真と)

 

 

 

 

 

 

雪の岩手山

 

 


G.Takada on 2月 18th, 2017

 「没後10周年水原洋メモリアルコンサート~19世紀ギターに託した想い」が近づいてまいりました。開催日は2/28(火)盛岡地域交流センター・マリオス小ホールにて。

コンサートに寄せて

「僕のギターは百年、二百年持つ!」と生前、ギター製作家 水原洋は豪語していた。
没後10年を過ぎ、生前の洋を全く知らずに、残されたギターを愛し演奏してくれる奏者がぽつぽつ現れてきた。
本日紹介するお二人もだ。足立さんは、デビューアルバム「パノルモ」を洋作19世紀ギター(ラコートモデル)で録音。足立さんの目指す演奏をこの楽器が応えてくれたと話す。
岡野さんは、面白い経緯で別に、洋作19世紀ギターを手に入れ、本当にこの楽器を慈しむように演奏してくれる奏者だ。
お二人とも、高田元太郎門下で、同じく19世紀ギターを演奏なさるが、対照的なほどそれぞれ際立った個性ある演奏をどうかお楽しみ頂、また水原洋がギターを通じて目指したものや伝えたかった事を少しでも感じて頂ければ幸いです。
 さて、Her Friendsも五回目、今年はじめ自らの辛い人生に(大袈裟ですか?)疲れはて音楽を捨て演奏活動を諦めようとした、私。Friendsに支えられもう一度踏みとどまった。
「基本に帰る!」が自らのテーマ。Duoにたち戻り、Friendsの一人一人、楽器の魅力を引き出せるようなピアノに徹したい。
 メモリアルであり、私にとって新たなスタートでもある今回のコンサートである。(水原良子)

*****************************************************

そして、その翌日には高田元太郎マスタークラスが同じくマリオスにて開催されます。

お近くの方は是非お越しください。
動画は前回の水原洋記念演奏会の模様です。


 毎年2月に東京で開催されているイーストエンド国際ギターフェスティバル、今年もあのヤマンドゥ・コスタとリカルド・ガジェンを招いて盛大に行なわれたようです。そして同時開催されたイーストエンド国際ギターコンクールには今年もアルトフィールド門下生から複数名参加させていただきました。

 本選の結果は

第1位 山田唯雄
第2位 原田斗生
第3位 河内健晟
第4位 大沢美月
第5位 飯田敏史
第6位 仲山涼太

でした。本選は皆さん堂々と演奏されてあたかもジョイントコンサートのようだったとのこと。おめでとうございます!

今年は予選からレベルが非常に高く、良い演奏をしていても僅差で6人という枠に残れなかった方も多かったと聞いております。それでも国際コンクールという場に向かって準備して、それを聴衆の方々に聴いてもらえたことで得たものは大きいはずです。

 この場を借りて主催された樋浦ご夫妻に感謝の意を表したいと思います。